FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2021.06.11 (Fri)

和楽器と子どもたちの歌・踊りで巡る電車の旅

こんにちは
気温は連日夏日(25℃)を超え、いよいよ夏でしょうか
マスクをしている分、熱中症にはいつも以上に気を付けましょう


さて、みなさんはお好きですか??

美しい風景やおいしい食べ物、その地域の歴史・・・
などなど、普段とは違った体験は心を豊かにする 人生のスパイス
想像するだけでもワクワクしてきますよね

しかしながら、残念ながら旅に出るのははばかられる昨今。
自由に気の赴くまま出かけられないことに、
「我慢の限界!!」
という方も多いのではないでしょうか

そんな皆様に朗報です

長栄座伝承会「むすひ」~東西を結び、刻を結び、乾坤を結ぶ~(7/31,8/1)の第二部でお贈りする
<箏弾き歌いと児童合唱>駅名連歌 まいばらはつ ~琵琶湖線各駅停車京都ゆき~ で、
滋賀の電車旅はいかがですか

この曲は、文産会館の最寄り駅 米原駅を起点に、
各地域の名所などを織り交ぜながら駅名を読み込んだ新作・初演の「旅うた」
箏や三味線、尺八などの和楽器と、児童の合唱や踊り、各地の風景(映像)でお楽しみいただきます

和楽器のメンバーは、
三弦:野村祐子(作曲)
三弦・箏・十七絃:滋賀県邦楽専門集団「しゅはり」
尺八:川崎貴久

合唱は地元(湖北地域)の児童合唱団(7/31・彦根児童合唱団、8/1・長浜市少年少女合唱団「輝らりキッズ」)、
踊りは古典芸能キッズワークショップの修了生でお届けします。


この曲の中の人が注目するポイントは3つ

その 曲を通して滋賀県を旅できる!
歌詞にはJR琵琶湖線の各駅名と、駅周辺の風景や歴史、食べ物のことが詠まれています。
音楽も歌詞の内容や地域のイメージに合うように、「義太夫風」や「三曲合奏風」、「お祭り(囃子)風」、児童合唱など、
様々な曲調で作曲されており、
全曲を通して聴いていても、飽きる暇がないどころか、あっという間に京都駅まで辿り着いてしまいます

その 目でも楽しめる!
ステージの背景には、歌詞に合わせた風景を映し出します
滋賀在住の方も、滋賀が初めての方も、それぞれの地域を訪れた気分になれるはず
映像作成のため、感染対策は万全にしつつ、滋賀県各地へロケにも行きました。
※許可を得て撮影しています。

5342299f-6dec-40c2-9d3c-7de31b4955d7.jpg

ad07c0f4-79a0-4a4a-937a-9ae5526ff0e8.jpg ebfb4bba-2efb-4f9d-bb72-2b7163f0a353.jpg

その 地域の子どもたちの歌と踊りで心晴れやかに!
和楽器の素敵な音色や弾き歌いはもちろんのこと、児童合唱の若くて元気な歌声は聴く者の心を明るくし、気持ちも若返ります。
また、踊りを披露するのは、文産会館で毎年開催している古典芸能キッズワークショップの修了生。
子どもたちの可愛らしい踊りでぜひ癒されてください


実は、この <箏弾き歌いと児童合唱>駅名連歌 まいばらはつ ~琵琶湖線各駅停車京都ゆき~ は、
3年で完結する壮大な計画。
1年目の今年は、米原駅から京都駅へ(JR琵琶湖線)
2年目(2022年)は、米原駅から名古屋駅へ(JR東海道線)
3年目(2023年)は、米原駅から金沢駅へ(JR北陸線)
交通の要衝である米原駅から各方面へ旅します

まばらはつ3年計画

和楽器と子どもたちの歌・踊りで巡る電車の旅、
みなさまのご乗車をお待ちしております




logo-横並び
夏のフェスティバル

長栄座伝承会「むすひ」~東西を結び、刻を結び、乾坤を結ぶ~
2021年7月31日(土)18時開演(17時30分開場)
2021年8月 1日(日)13時30分開演(13時開場)
会場:滋賀県立文化産業交流会館 イベントホール内特設舞台「長栄座」
料金:一般 3,000円/青少年(25歳未満) 2,000円
https://www.s-bunsan.jp/event/16469.html

0731むすひチラシ表

0731むすひチラシ裏




ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
09:00  |  日常

2021.05.23 (Sun)

芝居小屋「長栄座」夏のフェスティバル 制作発表を行いました!

みなさんこんにちは
今年は観測史上最速の梅雨入りということで、毎日不安定な天気が続いていますね


さて、文産会館では5/18(火)報道各社をお招きし、芝居小屋「長栄座」夏のフェスティバルの制作発表を行いました。

2011年から看板事業として開催している「長栄座」公演は、今年で10周年
近年は新春公演として開催していましたが、この度、10周年を迎えるにあたり、7月から8月にかけて1週間、「夏のフェスティバル」として新たな一歩を踏みだします



そもそも「長栄座」って
長栄座は、明治16年(1883年)、長浜市元浜町に創設された木造建築2階建ての800名を収容する大規模な劇場で、歌舞伎や落語、芝居など幅広く興行されていた、多くの人に愛される娯楽の場でした。
文産会館では、豊かな歴史的・文化的資源を有する湖北で、特色ある優れた舞台芸術を県民の皆様にご覧いただき、伝統文化を次世代へと受け継いでいくことを目的に、平成23年(2011年)8月からイベントホール内に特設舞台「長栄座」を復活させ、これまでに様々な公演を行ってきました。

<特設舞台「長栄座」のメイキングの様子>
1_20210520201925993.jpg2_202105202019279f2.jpg

3_20210520201928b38.jpg4_20210520201930ceb.jpg

5_20210520201931275.jpg6_202105202019241b6.jpg




制作発表には、監修の久保田敏子さん(滋賀県立文化産業交流会館舞台芸術アドバイザー・京都市立芸術大学名誉教授)、7/31・8/1「長栄座伝承会 むすひ」構成・演出の中村 豊さんのほか、文産会館館長と総括プロデューサーが出席し、フェスティバルの内容や魅力、注目ポイントを発表しました。

IMG_4013.jpg

長栄座伝承会「むすひ」~東西を結び、刻を結び、乾坤を結ぶ~(7/31・8/1)は、今回初の演出家 中村 豊さんが構成・演出を務めます。
この公演は、年で完成する壮大なプロジェクト

3部制の第一部は、多彩なジャンルの邦楽を少しずつ楽しめる邦楽アラカルト。
1日目と2日目で演目・出演者が異なり、邦楽とフラダンス、邦楽とシタールなど変わった(ありえない?)コラボレーションもあります

第二部は文産会館のある米原を起点に、地域の名所などを織り交ぜながら駅名を読み込んだ旅うた「駅名連歌 まいばらはつ」【新作・初演】
「長栄座伝承会 むすひ」の名のとおり、米原が様々な地域を「結ぶ」交通の要衝であることに着想を得た企画で、3年間をかけて米原から京都(今年)・名古屋(2年目)・金沢(3年目)へとうたで旅をします
今年は箏の弾き歌いと地元の児童合唱、文産会館の古典芸能キッズワークショップ修了生の舞踊でお贈りします

第三部は、芸事・財運の神 弁財天がテーマ。
日本三大弁財天とされる江ノ島、厳島、竹生島を1年ごとに取り上げ、眷属(従者)の十五王子と共に、3年かけて「長栄座」に勢ぞろいしていただきます
能舞、ダンス、笛、太鼓、箏、唄、胡弓、シタール、タブラーと多彩なジャンルの出演者が集うコラボレーションの新作です


様々なものを繋げる「結び」と生まれるという意味の「産霊(むすひ)」を表すこの公演のタイトル「むすひ」。
米原と各地を繋ぎ、様々なジャンルとコラボレーションし、地域や人々、芸能を結ぶ場となることを目指します

0731むすひチラシ表0731むすひチラシ裏

また、同日(7/31・8/1)のロビーでは、県内の伝統産業・伝統工芸を展示・販売・実演して紹介する「近江のあたらしい伝統産業展」を開催。
そのほかフェスティバルでは、
8/4(水)「親子で楽しむ日本の伝統芸能2021」
8/8(日・祝)「びわ湖ホール声楽アンサンブル 美しい日本の歌 米原公演」
などを開催します

各公演の詳細はまた改めてご紹介したいと思いますので、お楽しみに


ここで、今回の制作発表で印象的だった話を2つご紹介します
つめ
たとえば1部のプログラム(能のあとに新内)など、通常ならありえないことを実現できるのが「長栄座」。
これは、これまでもあり得ないことを実現してきた「長栄座」だからこそで、出演者もこれまでの長栄座の流れを理解して、出演を受けてくださった。
通常ありえない(規格外の)キャスティングやコラボレーションを、「普通」に実現してしまう舞台を目指している。
どの芸が格式高いなど枠にとらわれた見方ではなく、芸それぞれの個性を楽しんでほしい。

つめ
夏のフェスティバルということで、来場者は浴衣着用を推奨している。
ただ鑑賞しに来るだけでなく、浴衣で集まってもらうことでそれぞれが祭りの担い手となり、コロナ禍で閉塞的になりがちな気分を開放できる機会としたい。




芝居小屋「長栄座」夏のフェスティバルに向けて、現在絶賛準備中!
制作過程なども少しずつご紹介したいと思っているので、「長栄座」特設ページもぜひご覧ください
長栄座特設ページ


それでは今日はこの辺りで




ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
09:55  |  日常

2021.04.24 (Sat)

近江の春 米原公演まであと5日!!

こんにちは

2021年度初投稿
4/1からは新しい職員が3名加わり、事務所の雰囲気も少し変わりました

さて、今年度初のイベントホール公演は、
近江の春 米原公演
昨年は残念ながら中止となってしまったので、満を持して2年ぶりの開催となります。

出演は、滋賀が誇るオペラ歌手の”びわ湖ホール声楽アンサンブル”と、BS日本・こころの歌に出演し日本の素晴らしい風土と文化を歌い継ぐ大人気コーラスグループ”フォレスタ”の男声メンバーによるオリジナルユニット

毎年大好評のこのメンバーでお贈りするのは、アイゼンシュタイン役(ウィーンの資産家)を演じる竹内直紀さん(びわ湖ホール声楽アンサンブル・ソロ登録メンバー兼フォレスタ)がプロデュースするオペレッタ「こうもり」のスーパーハイライトと、クラシックの名曲を集めたガラコンサートです

オペレッタ「こうもり」は、ワルツ王J.シュトラウスⅡ世が作曲したウィンナーオペレッタの最高傑作
大晦日を舞台にした作品でもあるので、彼の活躍したオーストリア・ウィーンはもちろん、ヨーロッパ各地で大晦日に毎年演奏されるほど大人気の演目です

ここで、オペレッタ「こうもり」のお話をご紹介します



こうもりの格好をして友人・アイゼンシュタインと仮装パーティーに参加したファルケ。
酔いつぶれてこうもり姿のまま眠ってしまったファルケは、街中に置き去りにされて笑いものになってしまいます!
このお話はファルケが実行するアイゼンシュタインへの「笑いの復讐劇」。
ファルケは一癖も二癖もある登場人物を巧みに操り、アイゼンシュタインに復讐を成し遂げることができるのでしょうか!?


ロザリンデ

今回のスーパーハイライトでは、オペレッタ「こうもり」の中でも特に人気な曲をピックアップし、曲と曲との間は日本語のセリフでお話が進行していくので、クラシックコンサートやオペレッタが初めてという方にも気軽にお楽しみいただけること間違いなし
加えて、今回はユニークな発想でファンも多い竹内直紀さんのプロデュースということで、もとのオペレッタとは違った趣向を凝らしている場面も
見どころいっぱいの演目になっているので、お楽しみに

そして、クラシック・ガラコンサートでは、
みなさん一度は耳にしたことがあるオペラの名曲が盛りだくさん
出演者それぞれの魅力をたっぷりとご堪能ください


2年ぶりの開催となる近江の春 米原公演は、出演者もプログラムもとっても豪華
コロナ禍になり早1年。
気持ちも落ち込みがちな日々が続いているみなさまに、豪華で華やかな歌と笑いをお届けいたします
滋賀県のガイドラインに従い感染症対策を講じて、みなさまをお待ちしております


公演情報
近江の春 びわ湖クラシック音楽祭2021 米原公演
びわ湖ホール声楽アンサンブル&男声フォレスタ
~音楽の環シリーズ~

2021年4月29日(木・祝)14時開演(13時30分開場)
滋賀県立文化産業交流会館 イベントホール
一般 2,000円/青少年(25歳未満) 1,500円
全席指定
チケット販売中!!
https://www.s-bunsan.jp/event/16138.html

0429音楽祭チラシ表

0429音楽祭チラシ裏


ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
09:00  |  日常

2021.03.19 (Fri)

滋賀県湖北のなかまたち

みなさん、こんにちは
いよいよ3月も下旬に差し掛かろうとしています。
小・中学校の卒業式も行われた地域が多いのではないでしょうか

さて、今回のブログのタイトルは「滋賀県湖北のなかまたち」
文産会館の所在地 米原は、滋賀県の湖北地域にあります。
実は、湖北にはほかにもたくさんの文化ホールがあるんです
今日はそんな仲間たちの中から、事業やチケットの販売などで普段特にお世話になっているホールをいくつかご紹介したいと思います


まずは米原市

市民交流プラザ(ルッチプラザ)
最新の音響設備が整った直方体(シューボックスタイプ)のコンサートホールと図書館、福祉センターが備わった総合型施設。
国の地区別天然記念物に指定されているこの地区のシンボル「天の川の源氏蛍」から、イタリア語の「蛍=ルッチオーレ」や「光・希望=ルッチェ」に由来して名づけられたそう。
コンサートホールは「ベルホール310(さんいちまる)」と呼ばれ、スタインウェイピアノを備えるほか、ホタルをイメージした照明が幻想的な雰囲気を醸し出しています
固定席:310席
補助席:58席
親子室:1室
車椅子対応可

<現在予定されている公演>
ヒビキpianoクラシック&ポップスコンサートwith MAiSA(3/20)
内村周子講演会

〒521-0242 滋賀県米原市長岡1050番地1
https://www.city.maibara.lg.jp/soshiki/kyoiku/plaza/index.html

米原市伊吹薬草の里文化センター
薬草風呂や薬草園、公民館、保健センター、文化ホール、屋内運動場などが併設されている、伊吹山を借景に『薬草』をテーマにした複合施設。
「ジョイホール」と呼ばれる文化ホールは小規模なホールで、コンサートや発表会のほか演劇、演芸、講演会、研修会など幅広い用途での利用が可能だそう
文産会館が毎年行っている県内青少年参加のミュージカル「次世代育成ユースシアター事業」の関連事業でもこのホールを利用させていただき、地域の子どもたちを対象にしたお出かけワークショップを開催しています
2020年度は、子どもたちが書いた歌詞で歌を作りました

いぶきWS

固定席:290席
車いす席:5席
親子室:1室

〒521-0314 滋賀県米原市春照37
http://joyibuki.info/


続いては長浜市です

長浜文化芸術会館
滋賀県文化幹線計画の第1号館として昭和50(1975)年11月に開館した多目的ホールで、約1万冊蔵書の図書資料室も併設。
豊臣秀吉が建てた長浜城跡(豊公園)やびわ湖に隣接する上、長浜駅から徒歩10分以内と、アクセス・ロケーションも抜群です
毎年、湖北地域の音楽団体による「長浜音楽祭」を開催されています。
2月末から3月初めにかけては「北びわこアンデパンダン展と題して、美術やパフォーマンスなどの無審査形式展示会を開催されていたほか、さまざまなワークショップなど、市民に開かれた企画を数多くされています
座席数:456席

〒526-0066 滋賀県長浜市大島町37
http://n-bungeikaikan.com/

フェイスブックもされているので、ぜひのぞいてみてください
https://www.facebook.com/nagahamabungei/

浅井文化ホール
こちらの大ホールは長浜市内のホールで最大の客席数(483席)(別に車椅子席4席)で、ほかにも公民館施設として多目的に使用できる約200名収容の小ホールやギャラリー、調理実習室、美術室なども備えています。
編み物やヨガ、ダンスなどのカルチャー教室もされているそう
【大ホール】
固定席数:483席
車いす席:4席
親子室:あり
【小ホール】
可動式椅子:200脚
机:24台
3部屋に仕切り可能

<現在予定されている公演>
ドイツ音楽と(3/20)

〒526-0244 滋賀県長浜市内保町2500
http://azai-bunkahall.info/

ツイッターやフェイスブックもされています
ツイッター https://twitter.com/Azaibunkahall?s=20
フェイスブック https://www.facebook.com/%E6%B5%85%E4%BA%95%E6%96%87%E5%8C%96%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB-1495869003959726/

木之本スティックホール
北国街道の宿場町として賑わった古い町並みが残る木之本。
JR北陸本線木ノ本駅から徒歩6分、車の場合は国道8号線に面しているので、とても行きやすい場所にあります
北陸自動車道木之本ICからは車で2分とのことなので、県外からもアクセスしやすいですね
そんな滋賀県の人気観光スポットの近くにあるこのホールは昨年10月に30周年を迎えたそうです
特徴的なホールの外観をイメージしたロゴがスタイリッシュでカッコイイので、ホームページを見てみてください
固定席数:300席
車いす席:2席

<現在予定されている公演>
音楽物語ピーターと狼(3/20)

〒529-0425 滋賀県長浜市木之本町木之本1757
http://stikhall.com/

ツイッターとフェイスブックもされているのでチェック
ツイッター https://twitter.com/StikHall?s=20
フェイスブック https://www.facebook.com/KinomotoStikhall/


ホールごとに様々な特色がありますので、ぜひ足を運んでチェックしてみてください
もちろん、文産会館にも来てくださいね

それでは、
ほかにもまだまだホールはありますが、長くなるので今回はこのあたりで



ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
12:00  |  日常

2021.03.10 (Wed)

びわ湖アンサンブルフォレスト 2020年度最終公演!!

みなさん、こんにちは
ブログの更新が随分ご無沙汰となってしまいました
気づけば、もう3月も中旬。
もうすぐ2020年度が終わりますね


さて、今回ご紹介するのは、びわ湖アンサンブルフォレスト File5「多様な編成の名曲で旅する、西欧の魅力」 
びわ湖アンサンブルフォレストとは、滋賀にゆかりのあるアーティストを応援するクラシック中心の演奏会シリーズで、今年度からスタートしました。

今回お贈りする曲目は、3曲。

1 W.A.モーツァルト作曲 セレナード第13番 ト長調
「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」という名前でご存じの方も多いのではないでしょうか
みなさんお馴染みの第一楽章の冒頭のメロディは、
本田翼さんが出演されている三井ダイレクト損保のCMでも使用されています
任天堂マリオブラザーズのゲーム開始BGMとしても使用されていたそうです

2 F.マルタン作曲 アイルランド民謡によるピアノ三重奏曲
アイルランド民謡を題材に作曲されたということで、他の2曲やクラシック曲とはまた違った、民俗音楽的な雰囲気が魅力的です
まず1楽章のアイルランドを感じさせるメロディーでこの曲の世界に引き込まれ、
2楽章の美しく悠々としたチェロの旋律にうっとりとしているところで、
最後の3楽章はうってかわってアイルランドらしい心躍る舞曲。
すべて聴くとまるでアイルランド旅行をしたかのような気分になれる、そんな一曲です

3 最後は、R.シューマン作曲 ピアノ五重奏 変ホ長調 作品44
この曲はシューマンの代表的な室内楽曲とされ、ベルリオーズやワーグナーも絶賛したといわれています。
力強く輝かしい1楽章に圧倒され、重々しくも叙情的な2楽章、音階の上行下行をひたすら繰り返すエネルギーに溢れた3楽章を経て、華やかな終楽章で堂々と締めくくります

びわ湖アンサンブルフォレスト File5「多様な編成の名曲で旅する、西欧の魅力」開催まであと10日。
現在チケット販売中です
滋賀県が誇る注目のアーティストで、びわ湖アンサンブルフォレスト2020のフィナーレを飾るのに相応しい演奏を、ぜひお楽しみください


公演情報
びわ湖アンサンブルフォレスト
File5「多様な編成の名曲で旅する、西欧の魅力」


2021年3月20日(土・祝) 14時開演(13時30分開場)
滋賀県立文化産業交流会館 小劇場

前売 2,000円 / 当日 2,500円 【全席指定】

File5表

File5裏


ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
10:00  |  文産イベント
 | HOME |  NEXT