FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2010.07.31 (Sat)

レイカディア大学 2次募集

107.gif

先日ブログにレイカディア大学さんの
学習成果発表会についてかかせていただきました。
その1その2その3

9月からは第33期生(平成22年10月~平成24年9月までの2年間)が始まります。
募集はもう終わってしまっていたんですが、
第二次募集が始まりました。

米原校(滋賀県立文化産業交流会館)
生活科学学科 8名
健康・レクリエーション学科 10名


応募締め切りは8月25日(水)です。

高齢者が新しい知識、教養と技術を身につけ、地域づくりの担い手として活動するための滋賀県レイカディア大学で同世代の方々と共に楽しみながら学んでいただきますよう、ご応募お待ちしております。

文産会館のチラシコーナーにもこちらの募集要項を置かせていただいています。

107.gif

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - ジャンル : 地域情報



ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
15:12  |  ログ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.31 (Sat)

ワークショップ参加者募集!! その1

footer_20100729161544.gif


「岸田國士小品選」制作者によるワークショップ参加募集者募集

”地方発の創造活動と観客づくり(集客から創客へ)”

日 時:2010年10月9日(土)
    10:30~12:30

会 場:しが県民芸術創造館 リハーサル室

講 師:衛 紀生氏
(本公演プロデューサー/可児市文化創造センター館長

photo.jpg

内 容:
地方における舞台芸術創造活動のマネージメントや観客づくり

参加費:1,000円

「岸田國士小品選」は、岐阜県可児市の可児市文化芸術振興財団が、「可児で創る。可児から届ける」を合言葉に、地域密着の創造発信型事業として評価されたプロジェクトです。

top01.jpg

東京で活躍する演出家ら制作者、俳優陣らが可児市に集結し、約1カ月間、芝居の稽古や舞台美術の制作をしました。2010年1月に可児市文化創造センターで上演後、東京の新国立劇場でお披露目され、地方発の芸術性の高い見応えのある芝居として、各メディアに評価されました。

今回のワークショップは、この「岸田國士小品選」を滋賀県で初めて上演するにあたり、このプロジェクトの制作者によるワークショップを開き、地方から文化芸術活動を発信するマネージメントを学びます。

対 象:アマチュア劇団・アートNPO・文化施設職員・文化創造団体・アーティスト

定 員:50名

応募方法:FAXでお申し込みください。

     しが県民芸術創造館「ワークショップ係」
     〒525-0059
     滋賀県草津市野路6丁目15-11
     FAX 077-564-5851

応募期間:先着順(定員になり次第締め切ります)

footer.gif

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - ジャンル : 地域情報



ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
08:39  |  イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.30 (Fri)

「おいしが うれしが」 滋賀県限定メロンパン

ncaffy_3.jpg

今日、文産会館近くのコンビニからこのようなチラシが届きました。
滋賀県限定のメロンパンだそうです。

nagaham_20100730163717.jpg

このメロンパンは、滋賀県が行っている
「おいしが うれしが」キャンペーンの商品で
滋賀の特産物・特産品である
守山メロンが使われているのだそうです。

meron01.jpg

守山メロンといえば
滋賀県の湖南地域ではあこがれのブランドです。

このほかにも草津メロンが入った「杏仁豆腐」のスイーツも販売されていたらしいです。

baseA.jpg

「おいしが うれしが」キャンペーンとは、滋賀県と食品販売事業者等が協働して、地域で生産されたものを地域で消費する「地産地消」を推進する運動です。

滋賀県のHPを見ますと
地元の食の「発見」と「感動」を通じたコミュニケーション(会話)の創出
お客さんが「おいしい!」と声をあげれば、作り手が「うれしい!」と応えます。
子どもが「おいしい!」と言えば、お母さんお父さんは「うれしい!」と笑顔になります。
地元の食の「発見」と「感動」は様々な会話を生み出します。

oishigaureshiga.jpg

このキャンペーンは、従来の生産者-消費者という関係から一歩踏み出して、コミュニケーション(会話)で郷土や家族のつながりを深めようというコンセプトのもとに展開しているんだそうです。

やっぱり、地域のモノを地域で食べることが輸送代もかかりませんし、安心でエコにもつながりますよね。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記



ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
18:31  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.29 (Thu)

まぁーいっぺん 来やぁ~たら!→ 米原弁です

米原市役所の伊吹庁舎に行きました。
こちらには米原市の商工観光課さんがあります。

文産会館のインフォメーションコーナーにも
観光コーナーがあるのでいろいろ教えていただきました。

CA3C0221.jpg

いろんな観光パンフレットが並んでいる中で
担当の女性に
オススメを聞いてみますと


米原市商工会女性部が作成された
ちょっと口うるさい おばちゃんたちの
『まいばら こだわり マップ』
が、最高だそうです!!

nagaham 001

私もいだだいて読んでみると
なるほど「米原大満足コース」「神秘の水巡りコース」や「遊んで!遊んで!アウトドアコース」などに分かれていてわかりやすいです。
全部ご自分たちで取材されて写真も撮られたんだな、と言うことがよく解ります。

商工会女性部の方も
「水・緑・歴史をコース上に結集させました。
いかに米原の魅力を知ってもらうのか
いかに地域社会に貢献できるのか
という思いを込めています!!」
と、書いておられます。

nagaham 002

パンフレットを見て、母と別れる忠太郎のかわいそうな物語にちなんで「忠太郎地蔵」や「一向杉」などを見てみたいです。

nagaham 003

このコースは、独特な目線が評価されて、国土交通省国土計画局・京滋国際教育旅行誘致委員会が主催した
『観光宝さがし百選』において、216点もの作品の中から、大賞である知事賞に選ばれたそうです。


コメントは、
まいばらが好き!
まいばらが大好き!
そんな強い思いで女性部員が巻き起こした観光地!
みんなで新しい風を吹かせましょう!
地域をくまなく歩き、掘り起こした
おすすめスポットです。
「まぁーいっぺん 来やぁ~たら! 」
米原の魅力をたっぷり
ご覧いただけます。

米原市商工会女性部の方たちの心意気を感じます(T_T)(T_T)(T_T)

CA3C0217.jpg

文産会館にも置かせていただきました。
来館されることがありましたら、手にとってご覧ください。

それからブログの題名の
まぁーいっぺん 来やぁ~たら!→ 一度お越しになってくださいませ。
という米原弁です。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記



ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
18:00  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.29 (Thu)

とどく言葉、つながる心 - ひだまりの人間スケッチ

top01.jpg

今日は、しが県民芸術創造館の
『岸田國士 小品選』 留守 葉桜 紙風船
をご案内します。

この公演は、岐阜県可児市の可児市文化芸術振興財団が、「可児で創る。可児から届ける」を合言葉に、地域密着の創造発信型事業として評価されたプロジェクトです。

東京で活躍する演出家ら制作者、俳優陣らが可児市に集結し、約1カ月間、芝居の稽古や舞台美術の制作をしました。2010年1月に可児市文化創造センターで上演後、東京の新国立劇場でお披露目され、地方発の芸術性の高い見応えのある芝居として、各メディアに評価されました。


文産会館でもチケットを販売しております。


日 時:平成22年11月3日(水・祝日)
    13:30開場  14:00開演

会 場:しが県民芸術創造館

料 金:一般3,000円 青少年(25才以下)2,000円

プレイガイド:
しが県民芸術創造館
滋賀県立文化産業交流会館
ローソンチケット(Lコード59696)
平和堂アル・プラザ(瀬田・守山・草津エースクエアー)

発売日:平成22年7月31日(土)

footer.gif

お芝居の内容は

『紙風船』
(夫:若松泰弘、妻:麻丘めぐみ)
晴れた日曜の午後。若い夫婦の何気ない会話に、心のすれ違いが見え隠れする。
ふいに飛び込んできた紙風船が二人のあいだにもたらしたものは・・・。

『葉桜』
(母:音無美紀子、娘:村井麻友美)
お見合をした娘とその母。母は相手の態度が気に入らないと言うが、
娘はどちらともはっきりとしない。
娘の結婚をめぐってそれぞれの複雑な心境が交錯する。

『留守』
(おしま:音無美紀子、お八重:麻丘めぐみ、八百屋:若松泰弘)
中流家庭の茶の間でのお話。
女中と隣の家の女中は、主人達の留守の間にお互いの旦那様と奥様の噂話をしている。
そこに八百屋も加わって・・・。
ちょっとした勘違いから3 人の微妙な感情が交錯し合う。

footer.gif


出演は

音無美紀子さん
cast_p02.jpg
東京都出身。
服飾業を営む両親のもと6人姉妹の4女として生まれる。頌栄女子学院高校在学中に幼なじみの俳優・地井武男の勧めで1966年劇団若草に入団。1967 年青春学園シリーズの『これが青春だ』の最終回でテレビドラマデビュー。続けて『でっかい青春』でレギュラーとなる。
1971年TBS連続テレビ小説『お登勢』主演に抜擢される。以後、ホームドラマ「はじめまして」「ありがとう」「たんぽぽ」「愛」など数々のテレビドラマに出演。東芝日曜劇場で主演した「もの言わぬ愛」「手紙」では感動を茶の間に与えた。
日本舞踊・藤間流の名取で時代劇や舞台でも活躍する。
最近の主な出演作品に、THK「はるちゃん」(1996年~2000年)、TBS「だいすき!!」(2008年)
EX「家政婦は見た!ファイナル」(2008年)、などがある。CMでは夫と娘の家族で共演した「CHOYA 紀州」がある。

浅丘めぐみさん
cast_p01.jpg
大分県出身。
3歳から子役・CMモデルとして活躍し雑誌「女学生の友」や「セブンティーン」にも専属モデルとして登場していた。1972年17歳「芽ばえ」でレコードデビュー。同年レコード大賞最優秀新人賞受賞。その後「悲しみよこんにちは」「女の子なんだもん」「森を駆ける恋人たち」など次々にヒットをとばし73年7月に発表した「わたしの彼は左きき」が大ヒット。左ききブームが起こる。その年には数々の賞を受賞しNHK紅白歌合戦初出場を果たす。70年代を代表するトップアイドルとなる。
昭和52年21歳で結婚の為引退。昭和58年に芸能界復帰。シングルの発売、舞台、テレビと精力的に活動。最近の主な出演作品に、TBS 愛の劇場「マイフェアボーイ」、CX「環境野郎Dチーム」NHK-BS「お宝テレビデラックス」司会、舞台「さくら」「母に捧げるラストバラード」など。2000 年に「シアタードリームズ・カンパニー」を主宰し自ら芝居のプロデュース・演出も手がけている。

若松泰弘さん
cast_p03.jpg
大阪府出身。
1989年文学座研究所入所。1994年座員となり現在に至る。主な出演作品に、舞台では98年『リア王』(新国立劇場)、01年『モンテ・クリスト伯』(紀伊國屋サザンシアター)、03年『伯爵夫人』(俳優座劇場)、05年『喝采』(地人会/紀伊国屋ホール)、06年『破壊』(京楽座/俳優座劇場)、08年『トムは真夜中の庭で』(日生劇場)他。テレビでは、NHK『天うらら』、NHK大河『篤姫』などがある。

村井麻友美さん
cast_p04.jpg
東京都出身。
父は俳優の村井国夫、母は女優の音無美紀子。2002年「花よりタンゴ」(劇団若草公演)でデビュー。主に舞台女優として活躍中。
主な出演作品に、2003年『レ・ミゼラブル』(帝国劇場)、2004 年『屋根の上のヴァイオリン弾き』(東京芸術劇場・中日劇場・他)、2005年『ひめゆり』(ミュージカル座)、2007年『カーネギーの日本人』(東京芸術劇場)、『佐賀のがばいばあちゃん』(中日劇場)、『エドの舞踊会』(御園座・明治座)、2008年『おしん』(新橋演舞場)などがある。


と、実力派揃いです。
ぜひこの機会にご鑑賞ください。


footer.gif


テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - ジャンル : 地域情報



ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
14:06  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT