FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2020.09.16 (Wed)

そもそもバレエって・・・?

こんにちは

朝晩の気温が下がり、秋らしくなってきました
とはいえ、日中はまだ暑く気温差が激しくなっているので、体調管理には気を付けたいですね。

さて、最近、10/10(土)のリラックスパフォーマンス「ようこそ、バレエの世界へ」に向けて、ブログやツイッター・フェイスブックなどで「バレエ」についてちょこちょこ取り上げています。
このブログでも、タイトルから分かるように、「バレエ」について書きたいと思います
今回は、バレエの入門編です



「バレエ」といえば、真っ白な衣裳とトゥシューズをまず思い浮かべますよね!
つま先立ちをした軸足で身体を支えくるくる廻る女性ダンサーが履いている靴「トゥシューズ」は、サテンの生地でおおわれており、爪先の先端の平たく造った部分(プラットフォーム)によって足の先で立つことができるように作られています。
爪先の固い部分は主に布を接着剤で固めていて、長期間の使用でつぶれてしまうとか
そのため、長持ちするように爪先にニスや瞬間接着剤を流すこともあるそうです
トゥシューズを履いて立つときは、親指・人差指・中指の3本で身体を支えます。
3本の指が同じ長さであることが理想ですが、いずれかの指だけが長いとその指だけに重心がかかってしまうので、その場合は短い指の先に詰め物をします。

日本舞踊など、東洋の踊りでは「手」の動きが中心となっていますが、西洋(バレエ)ではステップが多く、「足」の動きが中心となっています

バレエではセリフや歌詞がないので、表情や身振り手振り(マイム)で物語を伝えます。
主なマイム
手のひらを胸にあてるわたし
手のひらを上にして相手を指すあなた
両手を左胸に当てる(心臓を包むように)愛してる
右手のひらや指で左手の薬指を指す結婚
両手のこぶしを上に上げる怒る
左手を胸に当て、右手の人差し指と中指をそろえて上に上げる誓う
などなど・・・

文産会館のツイッター・フェイスブックでは9/2~9/7に「マイムクイズ」を投稿したので、良ければそちらも挑戦してみてくださいね




バレエは、西ヨーロッパ・ルネサンス期の宮廷舞踊に起源があるといわれています。
17世紀のフランスでは王族や貴族が舞台に立っており、女性が舞台で踊ることなど考えられなかったため、男性が女性パートを踊る「女形」がいたようです
ちなみに、ルイ十四世が「太陽王」と呼ばれるようになったのは、彼が≪夜のバレエ≫という演目で太陽役を踊ったからだとか

バレエの動きのすべての基礎となっているのが、「姿勢」と足の「ポジション」。
「姿勢」は、首を長くし、肩を下げ、背筋を伸ばし、下腹に力を入れ、骨盤をまっすぐに立て、体を引き上げるように立ちます。
足の「ポジション」は、全部で5種類あり、両脚を股関節の付け根から外側に、ひざやふくらはぎも外側へ開きます。
名称未設定のデザイン

ほかにも、バレエは様々な約束事で成り立っています
10/10(土)の公演の前半では、今までバレエを観たことがない人でも楽しめるよう、バレエの解説をしてくださいます!
実際に目にしてプロの方の解説を聞き、バレエを楽しむことができる大変貴重な機会となっているので、みなさまに是非お越しいただけることを願っています
普段はなかなか舞台芸術を鑑賞しに行くことが難しい、自閉症やADHDの症状などによりちょっとした支えを必要とする方々やお子様も、気軽にお楽しみいただけるプログラムとなっているので、ぜひ気負わず気軽にお越しください

公演情報
リラックスパフォーマンス「ようこそ、バレエの世界へ」
 日時:2020年10月10日(土)15時開演
 会場:文化産業交流会館 イベントホール
 出演:スターダンサーズ・バレエ団
 料金:一般2,000円 / 青少年(25歳未満)1,000円 / 障害者手帳お持ちの方1,000円、介助の方1名1,000円
 ※車椅子席は会館窓口のみの販売となります。
 ※ソーシャルディスタンスに十分配慮した座席設定で販売いたします。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

バレエ表
関連記事


ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
10:00  |  日常
 | HOME |