FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2021.01.09 (Sat)

さまざまな柄の名前をご存じですか?

あけましておめでとうございます

丑年の2021年も様々なジャンルの公演がギュウ~っと盛りだくさん!
本年も文産会館を宜しくお願い致します。


さて、みなさん、
古典芸能キッズワークショップ 発表会のチラシはもうご覧いただきましたか?

キッズ発表会表
古典芸能キッズワークショップ 発表会 チラシ(表)

今回着目していただきたいのは、チラシの背景の柄!!

もう少しズームアップします
キッズ発表会柄

今話題のあの漫画のキャラクターにも用いられ、最近巷でよく見かける柄が使われています

実はこれ、「麻の葉文様」という柄だそうです
麻の葉文様

かつて平安時代には仏教の尊像の衣服に使われていたこの柄は、次第に普及し、江戸時代には庶民の着物の流行の図柄となりました。
成長が早くまっすぐに伸びる植物の麻の葉に似ていることから、子どもの健やかな成長への祈りが込められた模様だそう。
小学生の子どもたちが古典芸能を学び、成長する姿をご覧いただくこの発表会にぴったりの柄ですね
ほかにも魔除けの意味もあり、昔は産着などにもよく使われていたようです。


チラシの右方にある緑色の背景にも、日本の伝統的な柄が使われています

キッズ発表会七宝

こちらは「七宝柄」と呼ばれるもの。
_shippou-navy-01.png

円を4分の1ずつ上下左右にずらして重ねた文様で、上下左右(東西南北)の四方どの方向にも永遠に続くことから、縁起が良いと考えられています。
また、「輪違い繋ぎ文」とも呼ばれ、円がどこまでも連鎖している様子から円満調和、あるいはへの祈りも込められています。
ちなみに、「四方」から「しっぽう」→「七宝」と呼ぶようになったようです。


続いては、12月20日発行の『湖響87号』のP10,11「えいじゃに」をご覧ください
えいじゃに20201220発行_page-0001

ここで用いられているのは、海の波をモチーフとした「青海波(せいがいは)」
青海波

この柄は、どこまでも穏やかな波が続く様子から、永く続く幸せ平和な暮らしへの祈りが込められています。


どれも普段何気なく目にしている柄たちですが、それぞれに名称があり、さまざまな祈りが込められていると考えると、今までとはまた違った見え方になりますね

今回ご紹介した3種類の柄以外にも、日本の伝統的な柄はたくさんあります
文産会館にもまだまだありますので、ぜひ探してみてくださいね~

関連記事


ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
15:00  |  日常
 | HOME |