09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.10.04 (Mon)

5年ぶりに奉納 伊吹山奉納「太鼓踊り」

昨日は、文産会館と同じ米原市にある伊吹山の麓
上野区で「太鼓踊り」が開催されました。


奉納は5年に一度です!!


P1000239.jpg

弥勒の庭で千ば焚き
たいまつ片手にタンコンタン


P1000243.jpg

奉納一行は、子供から成人男女総勢150名余の大行列です。

上野会館を出発して、霊峰伊吹山の登山口にある三之宮神社で踊りを奉納します。

(行列)のぼりー区長ー保存会長ー大松明ー笛ー役太鼓ー鉦ー音頭ー太鼓ーふくべ振り


P1020466.jpg


P1000244.jpg


P1000246.jpg


滋賀にはたくさんの太鼓踊りがありますが、参加者数が最も多いのではないかとのことです。
衣装も大変カラフルで、きれいだったそうですが、あまり写真に撮れて無くて申し訳ありません。

P1000251.jpg


P1000252.jpg


P1000253.jpg
  
【平成22年スケジュール】

平成22年10月2日(土)
 18:00~ 足揃え (約1時間)

平成22年10月3日(日) 本日
 12:00~ 上野会館出発で奉納太鼓踊りスタート
        ※奉納太鼓踊りは約3時間

 18:00~ 笠破り(約1時間) 



P1000247.jpg


【伊吹山奉納太鼓踊り】とは?

上野の三之宮神社で、5年に1度、秋祭りの10月第1日曜日に行われる雨乞いの返礼の太鼓踊りで、県選択無形民俗文化財に選択されています。

 
 起源は、江戸時代に続いた干ばつの際、地元の農民が三之宮神社で雨乞いを祈願し、それでも雨が降らないと氏子全員が伊吹山山頂に登り雨乞い踊りを踊って祈願したことに由来します。

 
 大正13年以降は昭和22年に一度奉納されただけで途絶えましたが、昭和43年に復活し、現在も伝承されています。


 三之宮神社の境内で、太鼓打ちが鉦やふくべ振りとともに調子をそれえて踊り舞うのが見どころで、大松明が行列に加わり、中踊りを行なうのも特色です。


小さな子どもさん達をはじめ上野区の皆さんが
豊かな伊吹山の自然や、恵みの天気に
感謝して踊りを奉納されます。


P1000255.jpg


上野区のみなさま、長くて暑い夏場の練習たいへんでしたね。


P1000257.jpg



みなさまが総力を挙げて伝統を継承されていることが
滋賀県の地域文化の誇りです。


P1000238.jpg


10月24日(日)には奈良県のやまと郡山城ホールで開催される
『民俗芸能大会』に出演されます。


近畿の代表としてガンバってください。

上野区のみなさま本日は本当にお疲れ様でした。







関連記事

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記



ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
00:00  |  ログ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shigabunsan.blog58.fc2.com/tb.php/265-ad4ef5d2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |