07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.10.07 (Thu)

米原公民館さん 『大津絵展示』

文産会館のお隣、米原公民館さんで

『大津絵』の展示をされていると聞き
帰りにお邪魔してみました。


CA3C0541.jpg


作品は約30点あります。

大津絵(おおつ-え)とは、滋賀県大津市で江戸時代初期から名産としてきた民俗絵画で、さまざまな画題を扱っており、東海道を旅する旅人たちの間の土産物・護符(「藤娘」は良縁、「鬼の寒念仏」は子供の夜泣き、「雷公」は雷除けなど)として知られていたそうです。

ご挨拶を読むと皆さんは、大津絵の同好会をつくり、公民館を活動場所にされています。


CA3C0538.jpg



出展者に11名の方のお名前が載っています。

CA3C0539.jpg




9月17日、皆さんの活動が読売新聞に掲載されました。
記事が大きいですね

CA3C0540.jpg


大津に勤務していた時、よく大津絵を見ました。
皆さんの作品は、お一人おひとりの個性がすごく良く出ていて、家に飾ってみたいと思いました。

今回、"阿弥陀仏"の素材は、初めて知りました。

個人的には、"藤娘"が今まで見た中でも、特にかわいらしい表現でいいと思いました。

色紙より大きなサイズの作品も迫力があります。

CA3C0542.jpg

今月いっぱい展示されているそうです。
月曜日はお休みです。(祝日の場合開館して、翌日が休み)

みなさんもぜひご覧ください。
大津絵の多彩な表現が鑑賞できます。


illust364_thumb.gif
関連記事

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記



ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
17:15  |  ログ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shigabunsan.blog58.fc2.com/tb.php/270-ed501588

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |