07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.12.29 (Wed)

第14回あいの土山斎王群行出演者募集

文産会館に
「あいの土山斎王群行実行委員会」さんから
出演者募集のチラシが届いていました。


1_20101223181419.jpeg



「遙か1125年前の平安絵巻を再現する『斎王群行』。
斎王による禊ぎや華やかな道中舞を繰り広げながら「垂水斎王頓宮後」までの道のりを総勢80名が雅やかな平安衣装を身にまとい厳かに進みます。

あなたも群行に参加し、古き良き文化の香りに触れてみませんか!!」

とのことです。
平安時代とは源氏物語の頃ですね。

すばらしいです。
優雅な衣装を着て出演するチャンスですね。


2_20101223182338.jpeg


お祭りは
平成23年3月27日(日)
11:30~16:00

行程は
大野小学校~垂水斎王頓宮跡


lrg_15693678.jpg


募集されているのは

斎王(さいおう) 1名 
12単に髪飾りをつけ御腰輿(およよ)に乗ります。

女別当(おんなべっとう) 1名 
女官の総まとめ役。「お着き舞」を舞います。

内侍(ないし) 1名 
後宮の女官。「お着き舞」を舞います。

命婦(みょうぶ) 3名 
宮中の女官「お着き舞」を舞います。

采女(うねめ) 1名 
後宮の女官「道中舞」を舞います。

女嬬(にょじゅ) 5名 
後宮の女官「道中舞」を舞います。

火長(かちょう) 2名 
多くの警護人たちの指揮をしている長。

白丁(はくちょう) 13名 
白張を着ており、朱傘を持って随行します。

執物舎人(とりものとねり)4名 
天皇・皇族に近接して儀式に参列できる男の人達。

輿丁(よちょう) 8名 
天皇・斎王の身近にいて、御腰輿を担ぐ人達。

雑色(ぞうしき) 2名 
宮中では湖畔にな仕事をしています。

陪従(べいじゅう) 6名 
文官で主に行幸および斎幸群行では楽人として従います。

です。



lrg_10444524.jpg


当日の天候により行進せずに体育館での開催となるそうです。

締め切り日は平成23年1月31日(月)郵送必着

役によって男女の別やお稽古もするようです。
詳しくは
「あいの土山斎王群行実行委員会」HP でご確認ください。

HPはこちらです。


ものすごく貴重な体験ができる機会ですね。

lrg_15693662.jpg
関連記事

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - ジャンル : 地域情報



ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
08:30  |  ログ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shigabunsan.blog58.fc2.com/tb.php/388-3f9ba3bc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |