07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.02.21 (Mon)

「びわ湖の日」30周年

平成23年(2011年)は、琵琶湖条例施行1周年を記念して7月1日を「びわ湖の日」と決定してから30周年になるそうです。


それを記念してロゴマークが作成されました。


biwakonohi30logo.jpg

成安造形大学 三枝美晴さん 作です。

【ロゴ】
ロゴマークには次の2つの意味が込められています。
1.「びわ湖そのもの」。2つの雫は流れ込み、出てゆく豊かな水を表しています。
2.「びわ湖を愛する人々の心」。2つの雫は「心に優しく注がれる水の恵み」と「恵みを受けた心からこぼれる想い」を表しています。



以下、「びわ湖の日」が制定された経緯です。


a1868_l.jpg



「 湖沼などの水中に溶けている窒素やりんなどの栄養塩類が多い状態になることを富栄養化といいます。

琵琶湖では富栄養化が進み、1977年(昭和52年)5 月に淡水赤潮が大規模に発生し、水道水の異臭味障害、養魚場でのアユ、コイなどの斃死被害などをもたらしました。

 淡水赤潮の原因の一つが合成洗剤に含まれているりんに起因することがわかり、県民が主体となって、合成洗剤の使用をやめ、粉石けんを使おうという運動(石けん運動)が始まりました。

県民による石けん運動の盛り上がりなどを背景に1980年(昭和55年)7月1日、滋賀県は全国に先駆けて、琵琶湖の富栄養化の原因となる窒素、りんの排出規制等を定めた「滋賀県琵琶湖の富栄養化の防止に関する条例」(琵琶湖条例)を施行しました。

 その翌年、琵琶湖条例の施行1周年を記念して、7月1日を「びわ湖の日」と決定しました。
 こうした動きは、本県の環境政策の歴史に残る出来事であり、環境先進県といわれる所以でもあります。

その後、1996年(平成8年)7月に施行された滋賀県環境基本条例で、県民および事業者の間に広く環境の保全についての理解と認識を深めるとともに、環境の保全に関する活動への参加意欲を高めるため、7月1日を「びわ湖の日」と定めています。


457317526_ff9a6b2323_o.jpg



いつまでも環境先進県の名前どおり
県内の環境を守り
琵琶湖がきれいで、たくさんの動植物が共存できる環境であれと願います。



関連記事

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - ジャンル : 地域情報



ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
10:00  |  ログ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shigabunsan.blog58.fc2.com/tb.php/477-60c3b92f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |