FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010.05.24 (Mon)

ぶんさんフェスティバル「びわ湖食文化体験クルーズ」その3

今日は、5月22日に「びわ湖食文化体験クルーズ」でおじゃました、沖島の島独特の生活を紹介します。
前回のブログの続きです。

沖島は近江八幡市から琵琶湖の沖合約1.5kmに浮かんでいる琵琶湖で一番大きな島です。
人口は約310名だそうですが、湖沼の島に人が住む例は世界的にも少なく、学術的にも注目されているのだそうです。

市内への交通手段はもちろん船。通学、通勤用に定期便も運行されています。

100522_1214~01

島では自家用車並みに、一軒に一隻以上の船が所有されているそうです。港にもたくさんの船がありました。

100522_1213~01

島では家を建てる土地が限られているので軒が接しています。

100522_1250~01

これが沖島名物3輪自転車です。これでどんどん走っていきます。

100522_1249~01

島の歴史についてお話をお聞きした西福寺のご住職によると、島のお年寄りは皆さん本当にお元気で生き生き毎日を過ごしておられるそうです。
それはなぜか?
1 島にはいろんな行事があって、人と人とのふれあいがある
2 畑でお花や野菜作りをする。働く場所がある
3 治安が良いので安心して生活できる
4 自然に恵まれていて空気がきれい
このように暮らしやすい環境が整っているのだそうです。
ここでは、昔ながらの生活の知恵や豊かな自然が今も生きているんだなと強く感じました。


確かに島を歩いていると
100522_1256~02
100522_1254~01 100522_1310~01

少しのスペースでも工夫していろいろなお花を育てていらっしゃいます。
太陽もさんさんと降りそそいで風通しも良いので、植物にはもってこいの環境です。

沖島には民宿もありましたし、資料館もあります。

100522_1256~01  100522_1356~01

島に伝わる伝説もあるみたいなので、今度また、ゆっくり訪ねてみたくなりました。

100522_1215~01

この日は少しもやがかかっていましたが、長命寺山や鈴鹿山系、比良山系の美しい眺望は、琵琶湖に浮かぶ島ならではのもの。
自然をとても身近に感じられます。
贅沢な環境だなと思いました。

100522_1253~02  100522_1253~03

関連記事

テーマ : 日記 - ジャンル : 学問・文化・芸術



ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
17:00  |  文産イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shigabunsan.blog58.fc2.com/tb.php/54-385a5518

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |