FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.06.12 (Sat)

湖底遺跡「びわ湖の縄文人の秘密」第3回目

今日は文産会館の第2会議室にて特別講座の日でした。

湖底遺跡「びわ湖の縄文人の秘密」3回シリーズの第3回目です。
※こちらが第1回目第2回目の様子です。
今日のテーマは「縄文人の生き残り戦略の秘密」

0502x2.jpg
講師の先生は(財)滋賀県文化財保護協会 調査普及課主任
瀬口眞司 先生です。

3回シリーズも今回が最後です。
内容は前回までのおさらいから始まります。
重要なところを繰り返し説明してくださるので
しっかり覚えることができます。

0612xx1.jpg

縄文時代前期は環境に頼りきっていて
四季によって食べるものを変えていたそうです。
春夏は魚を秋冬は木の実をという形。
けれど、それは環境に頼りきっているため
下手をすると食べものがないという状態になっていたそうです。
それを打破するために舟や釣針を作ったり、
木の実の貯蔵などを考えるようになったそうです。

現代日本も環境に頼っているだけで実際は、食料自給率は40%
食料も四季に左右されている。
そういうところは縄文時代と何も変わっていない。
縄文人のようにもっと工夫をしていかなくてはいけない。

と最後に先生がおっしゃっていました。

歴史には学ぶところが本当にいっぱいありますね。
勉強になります。

そして、今回も先生が遺跡を持ってきてくださいました。
0612xx3.jpg
彦根市六反田遺跡の土偶です。
この土偶、顔と腕と左足がないんです。
取れてしまったのではなくわざと切られたんじゃないかと言われてました。

女神の身体をバラバラにしてあちこちに埋めると
それぞれのところから食物が生えたという古い神話があるそうです。
きっとそういう意味でこの土偶も顔と腕と左足がないんじゃないかな

とおっしゃってました。

0612xx2.jpg



湖底遺跡「びわ湖の縄文人の秘密」3回シリーズは今回で最終でした。
参加された皆さん、お疲れ様でした。
先生もとても楽しくわかりやすい講義と体験など本当にありがとうございました。
関連記事

テーマ : 歴史大好き! - ジャンル : 学問・文化・芸術



ランキング 地域情報・近畿 部門に参加しています
16:03  |  文産イベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shigabunsan.blog58.fc2.com/tb.php/83-7b0e4ce9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |